歯磨きしても 臭い

歯磨きしても臭い|歯医者でも問題無いと言われたら

口臭の原因を突き止めるには、「口臭の種類」を把握する必要があります。
種類の分け方も色々ありますが、ここでは大きく2つに分けて考えます。
「口腔内に問題がある場合」と「それ以外の場合」です。

 

 

「きちんと歯磨きしてるのに息が臭い・・・」ということは
口の中には原因がない、ということなんですね。
このタイプの方は“口”ではなく、“息”が臭っているのです。

 

 

口腔内疾患により口臭が出る場合というのは
虫歯か歯周病、ドライマウスが原因です。
つまり、これらの治療で口臭は消えるということです。

 

 

虫歯の場合、痛まないレベルなら臭いませんが
痛みがある、穴が開いているといったレベルになると
ゆで卵が腐ったような「腐敗臭」がします。

 

 

歯周病も、進行の具合により臭いに変化があります。
排水口や下水、ドブと表現されることが多いのですが
以前職場にいた、ひどい歯周病持ちの中年女性は

 

 

口から大便に近い臭いがしましたし
私が歯周病だった頃、歯ブラシの臭いを嗅ぐと
公衆便所のような臭いがしました。

 

 

臭いに差が生じるのは、個人の嗅覚の差もあるのでしょうが
発生する悪臭ガスの混ざり具合にもよるものだと思います。
硫化水素、メチルメルカプタン、ジメチルサルファイドが主なガスです。

 

 

歯周病の場合は、メチルメルカプタンが多く発生すると言われていますが
原因が歯周病だけでなければ、色んなガスが出ますので
その人オリジナルの“ブレンド臭”となるわけです。

 

 

また、古い被せ物が原因になっている場合もあります。
年月を重ねたことで、被せ物と歯根の間にたまったカスが
腐敗して臭うケースです。

 

 

どれも歯科での治療を行うことで治ります。
忙しくても口臭を治すために、通う時間を作って下さいね。
最近の歯医者は昔と違い、無痛で治療できますよ。

 

 

※ドライマウスに関しては、原因がストレスの場合もありますので
  【ドライマウス】のページをご覧下さい。

 

 

さて、問題なのは「歯科では異常なし」と言われた」
もしくは「治療はすべて完了しました」と言われたのに
まだ口臭が出る「それ以外の場合」ですね。

 

 

このタイプの方は、内臓や呼吸器などが原因で
身体の中から臭い息が出ますので
虫歯や歯周病のように、まず治療が第一となります。

 

 

この場合の注意点としては、トップページでもお話ししたように
「私は病気はないから、治療するところはないんです・・・」
「会社の検診でも、どこにも異常はなかったし・・・」

 

 

と、「自分とは関係ない」とスルーしないことです。
病気じゃなさそうなのにちょっと口臭がある人、
あなたの周りにもいませんか?

 

 

「弱ってる」「疲れてる」だけでも、口臭は出るんです。
それでは、「息が臭い原因」を一緒に探していきましょう。