胃 口臭

「胃が悪いと口臭がある」は本当だった|胃からくる口臭のメカニズム

口臭がある場合、大抵は「歯磨きしてないんじゃない?」
または「胃が悪いんじゃない?」なんて噂をされます。
しかし、これは間違いではありません。

 

 

歯を磨いてなければ、口は臭くなりますし
胃が悪く口臭が出る方が、存在するからです。
私は昔から胃が悪かったので、本当です。

 

 

世間では、胃と口臭の関係について
◯とXとに意見が大きく分かれています。
「胃が悪い=口臭がする」に対し、賛否両論あるわけですが

 

 

実際に、胃潰瘍の治療とピロリ菌の除菌成功で
私の「胃が悪い時の息のニオイ」はなくなりました。
その時のニオイを表現するなら

 

 

「大量のワカメをのせたラーメンが発酵したニオイ」です。
自分でも分かるほどの、ひどいニオイでしたが
家族や親戚、知人でも、同じニオイが出ている人がいます。

 

 

親しい人には「胃が悪いの?」と聞いてきました。
その中には、潰瘍がある人もいましたし
「たまに胃炎がある程度よ」と答える人もいました。

 

 

中には「胃は丈夫だと思うよ?」と答える
“自覚のない人”もいましたが

 

 

「朝ごはん食べてきた?」「昨日あまり寝てないでしょ?」
と質問していくと、わかるんです。
“今は胃が疲れてニオイが出ているんだな”ということに。

 

 

ここには個人差がありますけどね。
「ちょっと胃が気になる」程度でも、口臭が出る人もいますし
胃を押さえる程痛がっているのに、臭くない人もいるんです。

 

 

そもそも“胃からくる口臭”は
胃から口まで、直接ニオイが上がってきているわけではありません。
「噴門」という括約筋で、フタがされているからです。

 

 

胃が悪い方、もしくは胃が弱っている時は
胃の働きが低下しています。
つまり、食べた物をうまく消化できていない状態です。

 

 

未消化の食べ物は、胃の中で発酵していきます。
この時に発生した有害ガスが血液に入り
血液から肺に流れ、肺からクサイ息が出るんです。

 

 

胃はデリケートな臓器です。労らなくてはいけません。
寝不足やストレスで、消化不良を起こすこともありますし
部屋と外の寒暖差などでも、疲れが出てしまうんです。

 

 

胃の働きが低下すれば、腸にも負担がかかります。
負担が増せば、悪玉菌には好都合。
腸内でも食べた物の腐敗が進み、胃から腸から

 

 

Wで口臭が出ることになってしまいます。

 

 

腸の上には、胃があります。
「胃腸」と呼ぶほど、胃と腸は密接な関係にありますから
腸内環境の改善と共に、胃も大事にしてあげて下さい。

 

 

私が胃の治療により“胃口臭”が無くなったという事実を
覚えておいて下さいね。