舌 臭い

舌が臭いと口臭も出ているの?

舌 臭い

 

⇒腸の機能低下で舌が臭い方は、消化吸収をスムーズに

 

 

舌が臭いな・・・と感じること、ありませんか?
虫歯はない、歯周病もないと歯医者に言われたのに
「息」ではなく「口の中が臭い」と感じたら

 

 

舌が臭っている可能性があります。

 

 

最近では、舌を掃除する専用の舌ブラシや
「タンクリーナー」という名前の器具が売られていますので
口臭が気になる方は、すでに使用しているかもしれません。

 

 

問題はこれらの道具を使って舌の掃除をしても
すぐに臭くなる場合です。

 

 

舌が臭わないようにブラシで擦っているのに
なぜ臭いが取れないのでしょうか?
まず、舌が臭う原因から探っていきましょう。

 

 

舌には舌苔(ぜったい)と呼ばれる苔(こけ)が生えています。

 

 

舌苔に問題がある場合でも「病的な舌苔」と「汚れが溜まった舌苔」
「唾液減少による舌苔」というように、それぞれ原因が違います。

 

 

病的な場合、胃腸などの消化器系の疾患が疑われますが
病気までいかなくても、ストレスが多い時や免疫が落ちた時なども
舌の苔が白く厚くなり、それがとても臭うことがあります。

 

 

「舌は内臓を表す」と言われていますが
消化が正常でない方は、舌苔が多いんですね。
胃にいつまでも食べた物が残るタイプの方は、要注意。

 

 

白っぽい→白い→白くて厚い→黄色いの順に
胃腸の消化機能の悪さが増していきますので
常に舌の色がおかしく、臭いもある方は

 

 

舌苔を掃除するより、
胃腸の機能を正常に戻す努力が必要です。

 

 

「胃が悪いと口臭がある、は本当だった」
「腸内環境を改善すると口臭が消える?」のページを参考にして下さいね。

 

 

次に、汚れが溜まっている場合。
原因は飲食物のカスや細菌ですから
取り除いて清潔にすれば、口臭もなくなります。

 

 

この際に注意すべきは
舌をこすったり、磨いたりし過ぎないこと!

 

 

舌 臭い

 

 

「えっ!」と思われるかもしれませんが、舌の磨き過ぎで
逆に口臭が発生してしまうこともあるんです。
舌は粘膜ですので、常に潤いを必要としているからですね。

 

 

歯磨きついでに、歯磨剤のついた歯ブラシで舌を磨いてしまうと
繊細な粘膜が炎症を起こし、余計に働きがおかしくなってしまうんです。

 

 

汚れがたまらないよう、毎日ケアするのは良いことですが
何事もやり過ぎは禁物。1日1回でいいんです。
細菌が増えている、朝のケアがおすすめですよ。

 

 

歯ブラシは使わず、専用のタンクリーナーを
歯磨き粉などは付けずに、力を入れず使いましょう。

 

 

最後にマウスウォッシュやデンタルリンスを使うと、更に効果的です。

 

 

この際の洗口液は、マスキング(香りで臭いをごまかす)する物ではなく
合成界面活性剤などを含まない、天然成分のものを選びます。
迷った場合は歯科医にあるものや、おすすめのものが良いでしょう。

 

 

最後に、唾液減少による舌苔です。
正常な舌は本来、唾液で汚れが洗い流されるようになっていますが
過剰に舌を磨くことも、唾液の減少に繋がります。

 

 

唾液が減ると舌苔は増えますから、
当然口臭はキツくなります。

 

 

この相互関係を上手く働かせるためには、咀嚼が大切です。
よく噛まないで食べる方は、舌にも唾液にも胃にも腸にも負担がかかるんですよ。

 

 

噛む作業をしない方の舌は、汚れやすいんです。
唾液が出ないうちに、飲み込んでしまうからですね。
人間が本来持つ自浄作用を、自ら抑えてしまっているようなものです。

 

 

口臭にとって、唾液はひじょうに大切な役割を持ちますので
次のページでは、唾液についてのお話しをしたいと思います。
舌苔の取り過ぎには、くれぐれも気をつけて下さいね。

 

 

 

口臭で困った時の最終手段!

 

胃が痛くなりやすく、1年中便秘がち。
そんな私が9年間愛用しているサプリメントの
★詳細はこちらです★